月別アーカイブ: 2010年6月

「ダイエットサプリメント」の罠

気軽に始められるダイエット方法として「サプリメント」を挙げる方もあると思います。糖分や脂肪の吸収を抑えるもの、体内の脂肪の燃焼を助けるものなど、沢山の種類の商品が出回っています。

その中で、カフェインを受け付けない方が特に気をつけないといけないものが、むくみや水太りに働きかけるものです。実はこういった効果を謳う商品に、多くのカフェインが含むケースが見られるのです。

これまでのブログで、カフェインには運動効果を高める働きがあることや、脂肪燃焼に効果的であることを綴ってきました。

それに加え「利尿効果」が高いため、カフェインそのものや、お茶やコーヒーなどのエキスを添加していたりするのです。

以前、とあるドラッグストアでこんなサプリメントを見つけました。「むくみを取って足を細く」と謳ったサプリメントで、主成分のメリロート(むくみに効くとされるマメ科植物)エキスとカフェインを多く配合していました。

そのサプリメントの表記を見ると、1日の標準摂取量におけるカフェイン量は120mgとありました。120mgというカフェイン量は、インスタントコーヒー2杯分に含まれる量とほぼ同じです。これはかなり高濃度と言って良いでしょう。

インスタントコーヒーを2杯飲むには多少の時間がかかるでしょうが、今回のサプリメントは粒状だったため、一瞬で飲み込むことが出来ます。それは、一瞬で大量のカフェインを飲み込めることも意味するのです。

カフェインを受け付けない方の場合、その行為がいかに危険であるかを容易に想像出来るでしょう。こういった商品には厳重に警戒しましょう。

このような記事を見ると「私にはダイエットが出来ないのか」と思う方もあるようです。心配は要りません。カフェインを含まないダイエット食品もありますし、既製品に頼らなくてもダイエットを行うことも可能です。

食事のコントロールだけでなく、適度な運動を加えれば尚良いですね。

「ダイエット方法は●●ありき」と考えず、安全な方法を色々と組み合わせ、無理なく続けることが大切です。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年6月27日に投稿された記事『カフェインとダイエット その2』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月21日★
LINEで送る
Pocket