月別アーカイブ: 2010年8月

市販の頭痛薬や風邪薬にカフェインが含まれる2つの理由

市販薬において、多くの頭痛薬や風邪薬には「無水カフェイン」または「カフェイン水和物」が含まれています。

目にすることが多い「無水カフェイン」とは、カフェインから水(H2O)分子を取り除いたもので、効用はカフェインと同じと言われます。水分子が無い分、濃度が高いことも考えられることも綴りました。

では、どうして多くの市販の頭痛薬や風邪薬には「カフェイン」が含まれているのでしょうか? これには2つの理由が考えられます。

① 眠くなりにくい効果を上げる
② 痛みを緩和する作用を狙っている

まず1つ目の「眠くなりにくい効果」ですが、眠気覚まし効果を狙ったガムや栄養ドリンクからも分かるように、カフェインの興奮・覚醒作用は高いと考えられます。

頭痛薬や風邪薬には眠くなりやすい成分が含まれることが多いようで、それを打ち消す効果をカフェインに求めているのでしょう。大事な場面で眠気が来るのは困りもの。眠気を感じなければスムーズに動けるでしょう。

続いて2つ目の「痛みを緩和する作用」は、カフェインの血管拡張・収縮作用から期待されるものと考えられます。

複数のサイトを調べると、頭痛のうち片頭痛や群発頭痛は、血管の拡張により起こる場合があると記されていました。また、高血圧から来る頭痛も血管の拡張によるものとありました。

一方、カフェインには、脳血管を収縮させ血流量を減らす効果があると出ていました。つまり、血管の拡張に起因する頭痛にはカフェインが有効と考えられ、カフェイン自身が症状緩和に役立つと考えられるようです。

カフェインを添加するのには、それ相応の理由があったようです。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年8月8日に投稿された記事『なぜ市販薬にカフェインなのか?』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月21日★
LINEで送る
Pocket