総合感冒薬「ドリスタン」の問題点

ブログ記事投稿時点で比較的簡単に手に入るノンカフェインの風邪薬はドリスタン(ロート製薬)のみです。(2017年4月11日時点では他にも買える品が増えたものの、「ドリスタン」の販売は終了しています)

唯一の頼みの綱であるこの薬ですが、いくつか難点もあるのです。

① 飲むまでに手間がかかる
単純な錠剤や粉薬であれば、水がある環境ならどこでも簡単に服用できます。出先でも水のペットボトルを買えば問題ありません。

ところが、ドリスタンの場合、水があったとしても、それに溶かしてからでないと服用できないため、簡単には服用できないのです。混ざりが悪いと底に残ってしまうので、その点にも気をつけなければなりません。

② 休息を取って治す処方である
勿論、風邪で体調が弱っていれば休むのが先決です。しかし、休めない時もあるのです。カフェイン入りの市販薬では、それに対処したものもありますが、残念ながら現状において、ノンカフェインではそういったものがありません。

③ どの薬局にもあるとは限らない
これが最大の難点では無いでしょうか。私は以前、行きつけの薬局で買っていましたが、そこでは棚替えをした途端、取り扱いを止めたらしく、本当に困り果ててしまいました。

幸い、高くはつくものの別の店で見つけられましたが、見つけるまでに、かなりの時間を要しました。その間に引いてしまった風邪は本当に辛かったです。

それでも、「あるだけ良いのか」と、思うべきなのでしょう。もしそれが完全になくなれば、あとは漢方薬に頼るか、医師の師事を仰ぐか、ということになりそうです。

本記事は、ブログ『カフェイン不耐症の生きる道』より、2007年12月2日に投稿された記事『ノンカフェイン風邪薬の問題点』を加筆修正したものです。

↓ この記事にピンと来たら ↓