デカフェ(カフェインレス)コーヒーに初挑戦

前回はデカフェ(カフェインレス)コーヒーについて綴って参りましたが、今回は私自身が過去にデカフェを試した模様をお伝えします。(写真はイメージです。実際に購入したものではございません)

昨年(2007年)8月、職場の長期休暇中に試しました。この時点で行動範囲にある有名なコーヒーショップで、デカフェを取り扱っていたのはスターバックス・コーヒーのみでした。そこでデカフェに初挑戦です。

「デカフェはあくまでカフェインレスであって、ノンカフェインではない」との意識を強く持っていたため、万が一を考え、友人に「これからデカフェを飲む」と伝えた上で注文しました。

通常のコーヒーとは異なるため、提供されるまでに5~10分要しました。どうやら、コーヒーメーカーのパーツを取り替えなどで時間がかかるようでした。ただ、この状況から考えると、メーカー自体が同じであれば通常のコーヒーも僅かに残って混入するのでしょう。

待っている間に「もし、体調不良が起きずに美味しく飲めたらタンブラーを買ってリピートしよう。でも駄目だったらこれからどうなってしまうのだろう」などと考え、同時に好奇と不安が入り混ざっていました。

注文したのは「本日のコーヒー(アイス)」のデカフェでキャラメルソースをトッピングしてもらいました。サイズは用心のためにスモールです。

尚、お店にあるデカフェは「本日のコーヒー(ホット・アイス)」と「フォームミスト(ホットのみ)」となっていました。(2017年4月11日現在、デカフェを扱っている商品名はそれぞれ「ドリップコーヒー」と「カフェミスト」に変更されています)

元々、ブラックは飲めないので、コンディメンデントバーで牛乳やバニラパウダー、甘味もプラス。これをテイクアウトして、自宅で試飲。通常のコーヒーを思えば確かに薄い味かもしれませんが、違和感なく飲めました。

問題の体調面での影響ですが、飲んで時間が経っても不快な症状は全くありませんでした。この時点での私には合ったようです。(2015年10月6日時点での私には全く合いません)

もう1度綴っておきますが、デカフェはあくまでカフェインレスです。言い換えれば、微量ながらでもカフェインは残っています。万人に飲めるものではないので、試されるときには十分にお気をつけください。

それでも運良く「逃げ道」として成立すれば、助かる存在になるかも知れませんね。

本記事は、ブログ『カフェイン不耐症の生きる道』より、2008年1月13日に投稿された記事『デカフェに挑戦』を加筆修正したものです。

↓ この記事にピンと来たら ↓