こんな食品も「カフェイン」に気をつけて

コーヒーやお茶類、チョコレートなどは「カフェインが含まれる」とすぐに気が付きやすいものです。しかし、これらの食材が思わぬものの中に少しだけ含まれている場合、うっかり口にした…ということも起きてしまうのです。

今回は、そのような食品の例を取り上げてまいります。

まず、ご飯のお供になる「ふりかけ」。海苔と卵の取り合わせや、鰹節をふんだんに使ったもの、すき焼き風味のものなど、色々な商品がありますね。近年では、健康を意識した作りの商品も増えているようですね。

しかし、黄緑色の粒が入ったものは要注意です。あの粒の正体は、多くの場合で抹茶なのです。微量であっても毎日のように摂り続ければ、不調を起こすことがありますので、原材料に「抹茶」とあるものは避けるべきでしょう。

同様に「お茶漬けの素」に黄緑色の粒が入っている場合も、抹茶を疑う方が良いと思われます。

抹茶と言えば「茶そば」も要注意です。色の綺麗さはありますが、カフェインもしっかり入っています。茹でてもカフェインが完全に除去された状態は期待出来ないでしょう。

見抜くのが困難なもののひとつに「カレー」があります。今このブログをご覧いただいている方の中にも、カレーの隠し味としてインスタントコーヒーやチョコレートを入れている方はいらっしゃいませんか?

大手チェーン店のカレーでも、これらが入っていると言う話もあり、出先でカレーを食べる場合も注意が必要です。また、台所や厨房で調理せずとも、買ってきたルー(素)の時点で混入しているケースもございます。

もうひとつ事例を紹介いたします。かつて働いていた洋菓子店でのことですが、クリームや果物をふんだんに乗せた「タルト」に、ホワイトチョコレートが使われるケースがありました。

タルトに水気が渡ってサクッとした食感が無くなることを防ぐために、タルトの表面にホワイトチョコを塗っていることが多いようです。その上にクリームや果物を乗せると、ホワイトチョコは見えなくなります。

どうやらこのような手法は、私が勤務した店に限らず、他の店や市販の品でも見られるものだそうです。洋菓子店の場合、原材料を明記しないことの方が多いため、非常に恐ろしく感じます。

今回取り上げた食品は、あくまで「一例」です。これら以外にも、カフェインを含む(うっかりカフェインを口にする)ものは存在します。危険因子を減らすという点でも、知っておくべきだと考えています。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年2月7日に投稿された記事『思わぬ食品に潜むカフェイン』を加筆修正したものです。

↓ この記事にピンと来たら ↓