カフェインを見抜くための2つの大事なポイント

カフェインを含むものは案外多いように思います。食品だけでなく、医薬品や日用品にも含まれており、油断していたらカフェインに触れていた…なんてことも少なくありません。

カフェインを含むものを知っておくことは有益であると考えます。カフェインで体調を崩す方は、それらを上手に避けることが出来ますし、そのような方を相手にする場合でも、上手く対処出来るのではないでしょうか。

しかし、コーラや栄養ドリンクなどのように、後からカフェインを添加したものであれば、原材料欄に「カフェイン」と明記されて分かりやすいのですが、元々カフェインを含むものを原材料に使っていれば「カフェイン」の文字は見られないケースが殆どです。

そこで、カフェインを見抜く際には、次の2つを必ず忘れずにしておきましょう。

① いつも原材料(配合成分)をチェックする
② 楽観的な思い込みを捨てる

まず、①はカフェインを見抜く最大のポイントになってきます。カフェインの文字が無くても、カフェインを含んでいると分かるものが記載されていることは非常に多いです。

「チョコレート」を例に取ると、「チョコレート」は勿論、「ココア」「カカオ」「カカオパウダー」「カカオバター」「チョコレートコーティング」などの文字を見れば「チョコレートに関係したものだ」と分かり、正しく避けることが出来る筈です。

ここで、気をつけたいのは、小さな子どもだけで買い物をさせる場面ですね。まだ「チョコレート」「ココア」などは読めるかもしれませんが、「抹茶」「烏龍茶」などといった漢字を読めないケースもあるでしょう。

その際には必ず、大人がフォローすることも大事になってきます。「文字は読めるには読めるけど、内容までは分かっていないかも」といった場合も、大人が適切にフォローしたいものです。

次に、②ですが、例えば「この商品にカフェインが入るなんて思えないから大丈夫だろう」「前にこの商品を買って大丈夫だから今回も大丈夫だろう」などと安易に考えていては、カフェインで痛い目に遭うケースが出てきます。

冒頭にもある通り、カフェインは食品に限らず、医薬品や日用品でも含まれる場合があります。また、食品だけに注目しても、これは入っていないのでは?と思いがちなものでも入っているケースがありましたよね。

楽観的な思い込みを捨てれば、自ずと原材料チェックに集中出来るようになります。買い物にかける時間がかかることも、安全のためならと受け入れることが最善だと思います。何もこれは、カフェインに限ったことでは無いですね。

ここまでは、原材料が明記された商品を買う場合を見てきましたが、飲食店や菓子店などの商品は原材料がハッキリ分からない場合が多いです。この場合は、店員さんに確認を取るのが最善でしょう。

ただし、世の中の店員さんが全員「カフェイン」を十分に理解しているとは限らず、商品によっては「企業秘密」で明かせないこともございます。この場合は残念ながら、真偽はともかく「買わない」という選択肢を取ることになるでしょう。

これからも、本ブログでは、カフェインに関する情報を提供してまいります。これらの情報を参考にしていただきながら、適切にご対応いただければと考えています。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年2月21日に投稿された記事『カフェインを見抜く』を加筆修正したものです。

↓ この記事にピンと来たら ↓