【飲んでみました】アサヒ「ドライゼロフリー」

以前、キリンから発売されている「苦味料を使わないノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)」を紹介しましたが、今回はアサヒの商品を取り上げます。2020年2月現在、該当する商品は2種類です。

そのうち、今回は「ドライゼロフリー」を取り上げます。カロリー、糖質、プリン体、人工甘味料、アルコールの計5つが(実質)ゼロという商品です。

ビールには欠かせないホップを使っていますが、麦(麦芽)は使われていないようです。カロリーと糖質は食品表示基準に沿って、プリン体は同社基準に沿って「ゼロ」としており、実際にはわずか、かつ、細かい数字が並ぶことも予想されます。

さて、肝心の味ですが、これまで飲んできた中で最もビールに近いものだと思います。適度に苦味があり、喉越しも非常に良かったです。泡立ちの良さも際立っていました。

アサヒビールと言えば「スーパードライ」に代表されるように、苦味や辛口といった要素を思い浮かべそうですが、上述の通り適度な苦味なので「ビールは苦いから嫌い」という方にも入りやすいように思います。

一方、辛口とまでは言わないものの、甘さは抑えられていますので、後口の悪さは殆ど感じませんでした。「ガツン」というタイプでは無い気がします。その分、どんな料理やシーンでも合うように思いました。

車を運転する時、休肝日を設けたい時などに重宝するノンアルコールビール。「炭酸飲料」とありますが、20歳以上の方を対象としていますので、注意が必要です。また、食物繊維が多めなので、お腹が緩みやすい方も注意が必要です。


アサヒ 「ドライゼロフリー」
https://www.asahibeer.co.jp/products/beertaste/dryzerofree/
※ 年齢確認があるサイトです。