カテゴリー別アーカイブ: 頭痛薬・風邪薬

市販の頭痛薬や風邪薬にカフェインが含まれる2つの理由

市販薬において、多くの頭痛薬や風邪薬には「無水カフェイン」または「カフェイン水和物」が含まれています。

目にすることが多い「無水カフェイン」とは、カフェインから水(H2O)分子を取り除いたもので、効用はカフェインと同じと言われます。水分子が無い分、濃度が高いことも考えられることも綴りました。

では、どうして多くの市販の頭痛薬や風邪薬には「カフェイン」が含まれているのでしょうか? これには2つの理由が考えられます。

① 眠くなりにくい効果を上げる
② 痛みを緩和する作用を狙っている

まず1つ目の「眠くなりにくい効果」ですが、眠気覚まし効果を狙ったガムや栄養ドリンクからも分かるように、カフェインの興奮・覚醒作用は高いと考えられます。

頭痛薬や風邪薬には眠くなりやすい成分が含まれることが多いようで、それを打ち消す効果をカフェインに求めているのでしょう。大事な場面で眠気が来るのは困りもの。眠気を感じなければスムーズに動けるでしょう。

続いて2つ目の「痛みを緩和する作用」は、カフェインの血管拡張・収縮作用から期待されるものと考えられます。

複数のサイトを調べると、頭痛のうち片頭痛や群発頭痛は、血管の拡張により起こる場合があると記されていました。また、高血圧から来る頭痛も血管の拡張によるものとありました。

一方、カフェインには、脳血管を収縮させ血流量を減らす効果があると出ていました。つまり、血管の拡張に起因する頭痛にはカフェインが有効と考えられ、カフェイン自身が症状緩和に役立つと考えられるようです。

カフェインを添加するのには、それ相応の理由があったようです。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年8月8日に投稿された記事『なぜ市販薬にカフェインなのか?』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月21日★
LINEで送る
Pocket

理想の「ノンカフェイン風邪薬」を考える

カフェインを受け付けない方にとって、盲点にもなり得る大きな問題が「市販薬」です。そのカフェイン含有量はインスタントコーヒーをカップ1杯飲むのに匹敵することもあるのです。

特に、風邪薬は一般に簡単に買えるものが「ドリスタン(ロート製薬)」しか無く、それが製造中止となれば、すがる道はほぼありません。(2017年4月11日現在、ドリスタンは販売終了となり、他の風邪薬も登場しましたが、数は明らかに少ないです)

勿論、飲める薬があるだけありがたいのですが、服用時の煩わしさや購入時の難しさは解消して欲しいと言うのが、私の本音です。それでは、どのような風邪薬があると嬉しいかを私なりにですが考えてみます。

① 手軽に飲める形状である
ドリスタンは水または白湯に溶いて飲むタイプです。つまり、何かしらの容器がないことには服用できないのです。ペットボトルの水も200ml前後のものが常に手に入るとは限りません。

その点を考えると、錠剤や顆粒など、一般によく見られる形状で作れないものだろうかと思ってしまいます。そうすれば、必要以上に水の量を気にする必要もありません。(2017年4月11日現在では、錠剤や顆粒タイプのものも登場しています)

② 眠気が起きにくい
もちろん風邪も立派な病気ですし、休息をとるのは大事なことですが、眠気が起きては困る場面も多々あります。カフェインのような覚醒作用は求めませんが、眠くなりにくい処方であると、いざと言う時でも服用しやすいものです。

③ 出回る量が多い
ドリスタンを販売している薬局やドラッグストアは多いと言う印象でもありません。私も、行きつけの薬局が取り扱いを止めた時には取り扱っている店舗をかなり探し回りました。

ようやく見つけたものの値段が跳ね上がった…ということもございましたので、安定した出荷数と値段を期待したいものです。

④ 部位別の風邪薬もノンカフェイン処方で
実は、「鼻炎薬」や「咳止め薬」など、個々の症状に合わせた薬でも、カフェインを含むケースが見られます。ピンポイントで治したい時にも飲めないのが現状です。こういった薬にもノンカフェイン処方を求めたいものです。

以上、私が考える理想の風邪薬を列挙してみましたが、もしかしたら「私も同じことを考えていた」「その他にも私はこんなことを提案したい」などという声もあるかも知れません。どんな形であれ、この声が製薬会社に届いて欲しいと願うばかりです。

本記事は、ブログ『カフェイン不耐症の生きる道』より、2007年12月9日に投稿された記事『ノンカフェイン風邪薬の理想形』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月11日★
LINEで送る
Pocket

総合感冒薬「ドリスタン」の問題点

ブログ記事投稿時点で比較的簡単に手に入るノンカフェインの風邪薬はドリスタン(ロート製薬)のみです。(2017年4月11日時点では他にも買える品が増えたものの、「ドリスタン」の販売は終了しています)

唯一の頼みの綱であるこの薬ですが、いくつか難点もあるのです。

① 飲むまでに手間がかかる
単純な錠剤や粉薬であれば、水がある環境ならどこでも簡単に服用できます。出先でも水のペットボトルを買えば問題ありません。

ところが、ドリスタンの場合、水があったとしても、それに溶かしてからでないと服用できないため、簡単には服用できないのです。混ざりが悪いと底に残ってしまうので、その点にも気をつけなければなりません。

② 休息を取って治す処方である
勿論、風邪で体調が弱っていれば休むのが先決です。しかし、休めない時もあるのです。カフェイン入りの市販薬では、それに対処したものもありますが、残念ながら現状において、ノンカフェインではそういったものがありません。

③ どの薬局にもあるとは限らない
これが最大の難点では無いでしょうか。私は以前、行きつけの薬局で買っていましたが、そこでは棚替えをした途端、取り扱いを止めたらしく、本当に困り果ててしまいました。

幸い、高くはつくものの別の店で見つけられましたが、見つけるまでに、かなりの時間を要しました。その間に引いてしまった風邪は本当に辛かったです。

それでも、「あるだけ良いのか」と、思うべきなのでしょう。もしそれが完全になくなれば、あとは漢方薬に頼るか、医師の師事を仰ぐか、ということになりそうです。

本記事は、ブログ『カフェイン不耐症の生きる道』より、2007年12月2日に投稿された記事『ノンカフェイン風邪薬の問題点』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月11日★
LINEで送る
Pocket