カテゴリー別アーカイブ: カフェインの素朴な疑問

それは無いよ、カフェインアレルギーへの誤解 その3

前々回前回と、「カフェインアレルギー(不耐症)にまつわる誤解」を綴ってきました。今回は3回目、ひとまず最後の項目です。3つ目の質問は次のようなものです。

「(カフェインがダメ)なら水しか飲めないの?」

確かにカフェインを含むものとして、コーヒーやお茶類といった嗜好飲料をすぐに思い浮かべるでしょうし、水は何も添加されていなければ安全だという意識もあるでしょう。

私自身も水で体調不良を起こしたことはございません。

しかし、私が普段持ち歩くステンレスボトルにはお茶が入っています。ノンカフェインのものであれば、水以外のものも、お茶も飲めるのです。

ノンカフェインのお茶類の代表格と言えるのが「麦茶」です。手頃な値段で沢山買えるので重宝しています。冷たくして飲むものだと思われがちですが、暖かくしても美味しいものです。

「麦茶はノンカフェインですよ」と話すと、驚かれることが多いですね。麦茶がノンカフェインだということは案外知られていないようです。

また、ダイエットで名前が挙がる「杜仲茶(とちゅうちゃ)」もノンカフェインのお茶の1つです。同じく、ダイエット時に推奨されやすい烏龍茶やプーアル茶の代わりに飲む方もありますね。

他にも「ハト麦茶」や「黒豆茶」「ドクダミ茶」などもノンカフェインです。一部の商品を除きますが、「ハーブティー」もカフェインを含まないものが多いので、重宝しています。

普段は上記のようなお茶で大丈夫なのですが、外食でノンカフェインのお茶を調達するとなると中々大変です。それこそ「水しか飲めない」こともあります。

しかし、お茶だけに限らず、甘さやカロリーを気にしないのであれば、「オレンジジュース」や「ジンジャーエール」などを逃げ道にすることもできます。但しコーラはカフェインが入っていますので要注意です。

「では、アルコールにはカフェインが入っているの?」と聞かれることもあります。烏龍ハイなど、カフェインを含む飲み物で割ったものは当然飲めませんが、一般的な「ビール」や「ワイン」などにカフェインは含まれていないようです。

「アルコール自体に強いかどうか」ということと「カフェインに強いかどうか」ということには、何が関係がございません。アルコールを口にする際は、法律と適量を守ることが大事です。

以上、私が尋ねられた中で多い「誤解」について綴ってまいりました。「カフェイン」と言う言葉は当たり前のように出てきても、実際はどういったものなのかは余り知られていないようです。

私自身もカフェインに苦しむ身として、カフェインについてもっと詳しくなっていきたいと考えています。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年3月14日に投稿された記事『カフェインにまつわる誤解 その3』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月21日★
LINEで送る
Pocket

それは無いよ、カフェインアレルギーへの誤解 その2

前回から3回にわたって、カフェインにまつわる大きな誤解を解くべく、ご案内しています。2つ目に挙げられる質問は次の通りです。

「カフェインレスの物なら大丈夫だよね?」

以前から、コーヒーにおいては「カフェインレス」商品が出回っており、近年では、お茶類でも「カフェインレス」「カフェイン少なめ」などと謳った商品が出回っています。カフェで販売されている「デカフェ」も「カフェインレス」と置き換えられます。

カフェインレスは誰にとっても本当に大丈夫なのでしょうか? 残念ながら、そうではありません。

確かに、カフェインアレルギー症状が軽度であれば、難なく飲めるという場合もあります。しかし、重度になってくるとカフェインレスの物でもアレルギー反応が出てしまいます。私もその1人です。

大丈夫でない理由は「レス(less)」という語を調べると分かります。

“less”を大抵の英和辞書で調べると、littleの比較級で「・・・より少ない、いっそう少ない」といった意味に当たります。「本来ある(べき)物や量よりも少ない」は、言い換えれば「少ないながらもある」ということですね。

もっと言い換えると「全く無い訳ではない」ということでもあります。

つまり「カフェインレス」とは「カフェインは本来あるべき量より少ないが、全く入っていない訳ではない」ということになります。「比較級」という言葉を出した時点で「最上級があるのだから、そりゃあゼロでは無いよね」と気づいた方もあるでしょう。

大手メーカーの「カフェインレス」のインスタントコーヒーには「カフェイン97%カット」と書かれています。言い換えれば「3%は残っています」ということです。3%がゼロではないことは、すぐに分かりますよね。

よって、「カフェインレスの物なら大丈夫」などとは言えないのです。

近年、カフェインレスコーヒーを販売する店舗にて「カフェインアレルギーの方も大丈夫」と謳うケースが複数見られます。今一度、その言葉の重みを考えてください。そこで何か悪い事態が起きた時、きちんと責任を取れますか?

店舗でなくても、カフェインレスのものを安易に他者にすすめる行為は、見ていて感心しません。ご自身の身体に合うからと言って、それが誰にでも受け入れられる訳では無いのです。

症状が軽度であっても、ご自身で試す際には、細心の注意が必要です。

尚、「カフェインレス」の世界については、今後のブログでも随時取り上げてまいります。(公式サイト開設後に設けた「マンスリーコラム」でも、「カフェインレス」の概念を説明しています)

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年3月7日に投稿された記事『カフェインにまつわる誤解 その2』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月15日★
LINEで送る
Pocket

それは無いよ、カフェインアレルギーへの誤解 その1

私がカフェインで体調不良を起こすようになって以降、色々な方からカフェインについて尋ねられました。

「カフェインは何に入っているの?」
「カフェインを摂ったらどうなるの?」
「カフェイン無しでどうやって生活しているの?」などと言ったように。

色々と尋ねられる中で「何か誤解されているなぁ」と思う質問もありました。そこで、今回から3回に分けて、大きな誤解だと思われる質問を取り上げ、誤解を解くべく解説いたします。

1回目の本日は、次のような質問です。

「●●を見ただけで(匂いを嗅いだだけで)体調が悪くなるの?」

結論から申し上げます。●●の中にはカフェインを含む食品が入るのですが、それを見た瞬間にアレルギー反応が出ることが無ければ、その匂いを感知しただけで反応が出ることもありません。

まず、対象となる食品を見ただけで反応が出るとなれば、写真やイラストでも反応が出ることになりますよね。私も現物であれ、写真やイラストであれ、気分を害することはあっても、それですぐ何かしらの症状に苦しめられることはありません。

見た目はアレルギーと直結しないと考えています。

一方、匂いについては、より丁寧に綴っていく必要があります。私の場合、これはコーヒーでよくあることなのですが、その香りがするところで咳き込んだり息苦しくなったりすることはあります。

しかし、そこですなわち「匂いで症状が出る」と考えるのは大きな間違いです。何故なら、カフェインは元々無臭の物質だからです。つまり、匂いはあくまで「近くにカフェインがありますよ」と伝えているようなものなのです。

そのため、匂いが漂う前に息苦しさを覚えて、後で匂いが伝わって理由が分かった…という事例は何度も経験しています。「匂いがした、すぐ換気しよう」と思う前に調子を崩すことも、そう珍しくは無いのです。

もし、このような質問が来たら「そのものが持つ見た目や匂い自体は、体調を引き起こす要因とは考えにくい」と答えると、しっくり来るのかも知れませんね。

本記事は、ブログ『カフェインアレルギーの歩む道』より、2010年2月28日に投稿された記事『カフェインにまつわる誤解 その1』を加筆修正したものです。
★最終更新: 2017年4月15日★
LINEで送る
Pocket