バレンタインデーに花束を 〜「フラワーバレンタイン」から考えるバレンタインデーのあり方とは 〜

2017jan_01
2月14日はバレンタインデー。お正月を過ぎるとバレンタイン商戦が加熱していきます。バレンタインデーに合わせて多く販売されるのがチョコレート。近年は「友チョコ」「自分へのご褒美チョコ」なども言われるようになってきました。

しかし、私、管理人のように「チョコレートを触れない」「チョコレートを食べられない」となると、準備をしたくても叶わないこともあるでしょう。また「女性ばかりがチョコレートの準備で苦心するのは不公平」と思われる方もあるかもしれません。

そんな中、一般社団法人 花の国日本協議会(Flowering Japan Council)が「フラワーバレンタイン」を提唱しています。「フラワー」とあるので、贈るのは花(花束)。しかも「男性から女性に贈る」とあります。

これであれば、チョコレートを贈るのが困難な方や、女性ばかりが準備することに不公平感がある方などにも受け入れられるかも知れません。今回は「フラワーバレンタイン」を通じて「愛を贈り合うこと」について考えてみます。

何故、日本ではチョコレートなの?

日本チョコレート・ココア協会ホームページによると、日本では女性が男性にチョコレートを贈る習慣は、昭和30年代(1950年代)に入ってから徐々に定着していったようです。同協会では朝日新聞に掲載された記事を引用した上で、その歴史を紹介しています。

昭和33(1958)年に板チョコレートが「バレンタインセール」で販売されたものの大して売れず、翌年にハート型のチョコレートを作って「女性から男性へ」というキャッチコピーで販売し始めたそうです。

その後、昭和30年代後半になると、バレンタインデーを積極的に売り出す動きが強まり、昭和40年代後半から50年代になると女性の心を掴んだとも言われています。そして、今日ではバレンタインデーが盛り上がる行事のひとつになっていったようです。

歴史を見ていくと「たまたまチョコレートだったのかな?」と思わせるところがあります。他の品でも良かったとも言えますし、その方がより「らしい」ものもあるかも知れませんね。

上手く商戦に乗っていれば「バレンタインデーに大きな煎餅を」「バレンタインデーに交換日記帳を」なんてことになっていたかも知れません。それでも「チョコレート」の方が心を掴むのでしょうかね。

海外では男性が女性に花を贈るのが常識?

日本では女性が男性にチョコレートを贈る日になっていますが、海外では「えっ?」となってしまうようです。バレンタインに贈るもので多く言われているのが花やカード。そして男性が女性に贈るものだと言われています。

フラワーバレンタイン公式ホームページによると、ヨーロッパでは男女が互いにカードを贈り合う習慣があったようですが、いつしかイギリスでは花を添えてカードを贈るようになったそうです。

それがアメリカに伝わり、アジア諸国でも男性が花を贈ることがポピュラーとなっているようです。国によっては選ぶ花や本数について細かく決っているところもあるそうです。

「多くの国で実施されているから是非やりましょう」とは申し上げませんが、海外でこのような事情があると知ると、サプライズなどを兼ねて「やってみよう」と思われる方もあるかもしれませんね。

個人的には花を贈る行為は「粋」だと思います。

どんな花が良いの? 選び方あれこれ

普段から花に慣れ親しんでいるとそんなに苦心しないかもしれませんが、そうでない場合には花選びも大変です。花の名前や旬などもそんなに分からないケースもあるかもしれませんね。

1番簡単かつ確実な方法は、花屋さんでイメージを伝えて花束を作ってもらうことですが、イメージのヒントとして下記のことを加味してみると失敗が少なくて済むかもしれません。

① 贈る相手が好きな花や色を入れる
普段の会話などで「●●(花の名前)が好き」「●●色が好き」と言っていたならば、それを花束に加えてみては如何でしょうか? 勿論、「嫌い」と言っていたものは避けるべきでしょう。

② 花言葉を調べてふさわしい花を入れる
最近では、花言葉を検索出来る本やホームページがございます。贈る相手への想いを伝える花言葉を調べて、その花が入った花束を作ってもらい、花言葉と共に贈ってみるのは如何でしょうか?

③ 贈る相手をイメージする色の花を入れる
花言葉同様、色彩言語(色が持つ意味やメッセージ)やカラーセラピーに関する本やホームページも多くございます。相手の雰囲気からイメージされる色を調べて、その色の花を花束に加えて贈ってみるのは如何でしょうか?

用意した花束をどのように渡すかは、その方次第でしょう。ぞんざいに渡されるのは女性にとって嫌なものですが、変に準備をし過ぎたり、ガチガチになったりすると心配になる場合もあるでしょう。自然体が1番かもしれませんね。

性別や物などにとらわれ過ぎないことも大切

個人的には、バレンタインデーに女性はチョコレート、男性は花をそれぞれ「贈らなければならない」などと義務や命令的に考えるのは良くないように思います。また、贈られる側になる時も「贈られて当たり前」と決めつけない方が良いように思います。

確かにチョコレートや花などはツールとして強力ですし、ツールを使うこと自体が悪いことではありませんが、何より大切なものはそれぞれの「想い」ではないでしょうか。想いが先に立つのであれば、性別がどうこうと言うことが難しい場合もあるでしょう。

お菓子作りが得意な男性が女性のためにチョコレートを作るのも粋ですし、花に詳しい男性に対して女性が花言葉を調べて花束を用意して贈るのも良いと思います。変に性別や物の「縛り」をつけない方が上手くいくこともあるでしょう。

ひょっとしたら「好きです」や「いつもありがとう」などといった言葉が、何にも代えがたいものであるかもしれません。「想い」が伝えられた際には、それに対する「想い」を返すことが重要でしょう。

今回のまとめ

「フラワーバレンタイン」を通じて、チョコレートに頼らない新たなバレンタインデーの楽しみ方を見てまいりました。海外では花を贈る習慣が強く、カードや花の本数などで相手に想いを伝えていることが分かりました。

花を選んだり贈ったりする時にはどんな想いを伝えたいかを大切にすべきでしょう。花はあくまでもツールのひとつで、「花でないと」「男性から贈らないと」などと凝り固まるのはかえってしんどいかもしれません。チョコレートでも何でもそうでしょう。

受け取る側も「もらえて当たり前」と考えていては上手くいかない場合もあるでしょう。何であれ相手の想いを受け取った際には、想いを伝えて返すことが大切であり、それも「愛」のひとつなのではないでしょうか。

【参考ウェブサイト(ページ)】

フラワーバレンタイン公式ホームページ
花の国日本協議会公式ホームページ
日本チョコレート・ココア協会「バレンタインデーとチョコレート」

★公開日: 2017年1月15日 最終更新: 2017年4月21日★

LINEで送る
Pocket